summary of life

あなたの人生を豊かにする...そんなブログにしていきたいです。

【フルリモートワーク】メリットやデメリットのまとめ

 

みなさんは、自宅で仕事したいと思ったことはありますか?

会社に出勤して給料を頂く、、ほとんどの企業はこのパターンでしょう。

 

もし、

  • 普通のサラリーマンと同等の額を稼げる
  • 福利厚生も充実している
  • フルリモートで仕事できる

こんな会社があったら

あなたは働きたいと思うでしょうか??

 

私でしたら、答えはYESです。

むしろ、そのような環境を提供できる人間になりたい

と考えております。

 

フルリモートを取り入れている企業、なかなか見たことがないですよね?

取り入れている企業が少ないということは、何かしらのデメリットがあると考えるべきです。

いろいろと調査・検討してみました。(どんどん追加していきます)

 

so-life.hatenablog.com

 

 

 

【リモートワーク】コミュニケーションの必要性

 

① コミュニケーションについて

 人間が感じるストレスの要因は、「対人関係」が最も多いそうです。

 IT業界では、「コミュニケーションを大事にしろ!」とよく言われます。

確かに、お客様と対面して要望を聞き出すにはコミュ力というのは必要不可欠です。

時には、お客様・上司があえて言わないこと・気づけていないことも気づく必要があります。

 

私は思うのですが、対人間とのやり取りはメールだけでよくないですか???

メールだとエビデンスも残りますし、電話をかけるということは相手の貴重な時間を頂く、

もしくは相手の集中力を途切れさせる可能性があることを忘れてはいけません。

また、相手がメールに記載していないことで何かトラブルがあった場合、

責任範囲は自身にないことを提示することができます。

 

メールしたら電話で「メール送ったので確認お願いします」の一報するがいます。

私の前の会社は、これを徹底させていました。(一報しないと、罰を与える会社でした)

電話で確認をするくらいなら、メールの機能に「既読」機能を入れておけ!!!!って思いますね。

 

逆に、電話したらメールしろ。これは必要です。

電話で決めた内容は、エビデンスとしてメールに残さないと、「言った言ってない問題」に発展します。

私はこれで何度もトラブったことがあります。

ですので、電話を受けたら、電話内容の議事録を相手に出して認識齟齬が無いようにしております。

そんなことするくらいなら、メールだけで良くないですか!!!!?

メールだけではイケない理由、誰か教えてください。

 

話がそれましたが、

フルリモートはコミュニケーションを最小限に抑えることができるということです。

私的にはこれはまずますのメリットだと思いますが、デメリットにもなりえます。

 

・孤独が好きな人には、コミュニケーションという余計なストレスを与えない

・孤独が嫌いな人には、雑談等のコミュニケーションを取る時間を与える

 

私がフルリモートの会社を経営するのであれば、

社員それぞれにあったら環境を提供します。

デメリットは、できる限り会社側で回避するものではないでしょうか?

 

もし皆さんの考え等あれば、コメントにお願いします。

 

以上、フルリモートのコミュニケーション編でした

【転職】【経験談】現職場の環境が悪いと判断したあなたへ

 

現在、転職を考えているあなたへ。

転職の理由に、

自身を取り巻く環境が良くないから...という理由はありませんか?

 

例えば、

  • 仕事的にスキルアップが難しい
  • 周囲の人のやる気がない
  • 教育環境が整っていない(教育する気もない)
  • 業務のノウハウが資料化されてない
  • 休日出勤、残業が当たり前
  • 時間外での仕事を強制させられる
  • 人間関係が良くない
  • 自身の将来像が見えない
  • 不明点を聞く相手がいない

などなど、様々な理由があるかと思われます。

解決・改善が難しい環境であれば、転職するべきだと私は思います。

 

ただ、外部要因に囚われすぎて、

内部要因(自身の未熟さ)が隠れてしまう場合もあります。

 

  • 環境が良くないからやる気が出ない
  • 環境が良くないから仕事がうまくいかない
  • 環境が良くないから....

私は誰にも相談せず、自身でそう判断して退職を決断しました。

 

そして、新しい職場は何もかも最高の環境でした。

 

  • 環境の不満を少し口にこぼすだけで、会社が改善してくれる
  • 新しい技術に触れられる
  • 周りに有識者がたくさんいる
  • 残業はほぼなし(自身の裁量)
  • 人間関係もとても良好
  • 教育計画をきちんと立て、将来像を提供してくれる
  • 周りもやる気に満ち溢れている

 

当然、私のやる気も満ち溢れてくるわけです。

しかし、転職して今の環境にいるということは、

何かしらのスキルを認められて入社しているということです。

 

相手は私がそれなりに仕事ができると判断して、仕事を振ってくれます。

しかし、振られた仕事をどのように進めればよいのかわからない

そんな場面に遭遇しました。

 

どうしてよいか分からなければ、

他の人や依頼して頂いた相手に聞くのが当たり前です。

ただ、私には誰にでもできる聞く(質問する)ということができませんでした...。

 

要因はいくつかありました。

・こんな簡単な質問をしてよいのか(馬鹿にされないか)

・相手が忙しすぎて、聞くのが申し訳ない

・「相手が何も事前に言わない = 自分で考えろ」って意味ではないか?

・今更こんなことを聞いてよいのか?

・聞くタイミングを逃した

・そもそも、何を聞いてよいか自分もわかってない

 

悩めば悩むほど、手が止まります。

そして、最終的にこう思うのです。

 

前の会社の環境が良くなくて転職したのに、

 良い環境を提供されても結局上手くやれない...

  自分は無能なのではないか...

   転職した意味って何だったんだろう...

 

 

この考えが頭によぎった瞬間、

頭が真っ白になり、涙がこぼれ落ちそうでした。

 

外部要因ばかりに目を向けすぎて、

自分自身に目を向けていなかったという弊害をモロに受けたのです。

環境が悪いから転職する

これは正しい判断だと思います。

しかし、良い環境であったら場合は本当に自分はやっていけるのか?

というのも考えておく必要があります。

 

退職してすぐに就職する必要はありません。

失業手当をもらいながら、自身と向き合い、

もう一度自分を見つめ直すというのも手段です。

 

人生は長いのです。

急ぐ必要はありません。

 

外部要因で転職を決意したのであれば、

反対の内部要因(自分自身の問題)にも目を向ける

ということを覚えておいてください。